はじめて作ったエポスカードからゴールドになるまで

私がクレジットカードを作るきっかけになったのは社会人になってからでした。
高校を卒業して入社した会社は寮生活でインターネットは自分で契約しなければなりませんでした。
寮はいつまでも居られるわけでもなく、期間が決まっていましたので固定回線を契約するのはもったいないと思っておりました。
そこで近くの電気屋さんに行ったところモバイルWIFIというのを見つけてこれだ!と思い話を聞きました。
ただ、クレジットカードが無いと支払いができないと聞いて初めてクレジットカードを作りました。
そのままモバイルWIFI以外にもコンビニでの支払いにも使用するようになりました。
貯まったポイントはItunesカードにも交換できるため、ゲームの課金へ使用しておりました。
家にコタツが欲しいと思い、ローソファーも合わせて購入しようと思ったときにお金が足りないとなりましたが、ここで初めてボーナス払いを使いました。
ボーナス払いを使用して支払いをすると次の月に大量のポイントが入ることがわかりボーナス前になると何か購入したかった高額のものを購入するようになりました。
他に、レンタカーを使用する際にクレジットカードでの支払いをして複数人で乗って割り勘をしてポイントを貯めることをしました。
その際に、年間利用額が50万円を超えたあたりでエポスカード様から招待をいただきました。
そうして、年会費無料のゴールドカードを手にすることができました。

エポスカードを利用してみて

エポスカードは運転免許取得の際に作成しました。免許合宿の斡旋をしている業者とエポスカードに提携があり、カードを作成することで支払い手続きが容易だったため、作成しました。それから、免許費用の支払い以外でもエポスカードを利用するようになりました。カードを利用していて良いと思った点は、スマホのアプリで管理がしやすいことです。ユーザーインターフェイスが非常にわかりやすいアプリで、今後の支払い予定や利用残高、リボ払いの分割までを容易に操作することが可能でした。不便に思った点は利用上限に関してです。私は学生の頃にこのカードを作成したため、上限は10万円の低いものでした。また、運転免許費用の一部がその上限の中に含まれてしまったので、少し高い買い物をするとすぐに上限に達してしまいました。その後、上限を増やしたのですが、その手続きが面倒でした。また、ポイント利用に関して不便に思うことがありました。ポイントはアプリを利用してスタバのカードやdポイントに還元できるのですが大きなポイントごとにしか移行できません。エポスカードが発行するプリペイドカードなら1ポイントごとに移行できます。しかし、プリペイドカードを別途発行する手間がかかります。また、私はプリペイドカードの利用がポイント移行でしか利用せず、かさばるので結局持ち歩かなくなりました。利用上限に関しては学生の身分だったため仕方ありませんが、ポイント利用に関しては満足のいかないサービスだと感じました。まとめとして、エポスカードは管理がしやすいが、ポイント利用は不便であるカードだと思いました。